読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このころはまだ会社でも研究をやっているとか思っていたの

水曜日.

朝起きて無理さを認識したので会社には行かなかったが,自室で仕事は進めた.

まずは昨日からやっていた社内資料作成の手伝いは,結局出し惜しみしても仕方ないと思って誠実に進捗は送ることにした.もっとも,これは今月中に今やっていることが報告できるだろうという目論見も含めてのことである.

メインの仕事が遅延している間に進めておいた,日本側から降ってきた仕事をついに送ることにした.とくに急かされたわけでも無いのでもう少し寝かせても良かったのだが,もういいやという気持ちになったので送った.明日以降にレスポンスがあってから今自分が忙しいかどうか決めようと思う(セルフマネジメント).

お昼までそんな感じで自室で普通に仕事をしていたが,昼食後に急激にまた無理さが来たので睡眠をとることにした.結局4時まで寝ていた.起きた後ざっとメールだけ処理して,会社用PCを閉じた.折角家にいるのだからということで,少し面倒な料理をした.また揚げ物である.茄子のはさみ揚げ.たくさん作ったので揚げている途中油の匂いで少し気持ち悪くなってしまった.しかし完成品はトロトロの茄子も挟まれた肉も美味しくできた.弁当に茄子のはさみ揚げというのはあるのだろうかと思ったが,これは家用で良いかもしれない.また,昨日作ったジャガイモの煮ころがしを食べるのを忘れたがお腹は結構一杯になったのでよかった.明日はブロッコリーの茎のバター炒めとかを作ろうと思っている.

夜はやっと作らなければならない資料の作成に着手した(退).ファイルがあると無いのでは大きく異なる.老人なので結局\LaTeX beamerを使ってしまった. \LaTeX でスライドを作ることによるメリットがあるとしたら,デザインをあまり気にしないで良いということだと思っている(むしろレイアウトを気にするならPowerpointKeyNoteを使うべきだと思う).これは意識の問題なのだが,私はグラフィカルなソフトを使っているとコンテンツが定まらない段階から文字の配置などのレイアウトが気になってしまう.このことは作業効率を低下させるので,コンテンツの入力,コンパイル(ここで意識を見た目の方に変えられる),見た目の確認というステップに分かれていることを好んでいる.そして,久々にKeyNoteを使ってみたら行間の設定などがやたら使いづらかった.あまり文字を詰め込むなという思想なのかもしれないが,自由度は持たせて欲しい(狭い行間を実現するために,テキストボックスをたくさん作るのは効率が悪いと思う).3年ちょっとの社会人生活の間にマイクロソフト製品に慣れてしまったようだ.やはり社会はエクセルとパワポで動いており,私もその片棒を担いでいたということか.

また,この際に過去に利用していたDropboxなどをひっくり返して資料を探していたら,就活中や入社直後の文書が出てきた.最初に読んだときは自分の文書だとわからないほどに会社が求めるような美辞麗句が並べられており気持ち悪かった(例文かと思った;ある意味感動).たぶんこのころはまだ会社でも研究をやっているとか思っていたのだろう.悲しいことだ.なお,入社後はマネジメントが緩かったこともあり,3か月くらいで月報を出さなくなり,そうこうしているうちに海外赴任の話があり現在に至っている.色々あった(価値があったかは知らない).

その後は絵をした.かわいくなった.明日は出社しようと思う.