シングルで入れる砂糖は一袋

金曜日.

出社は非現実的であるように思われたが,ベッドで自立訓練的なことをしてなんとか意思を取り戻し出社に成功した(とてもつよく,すごい).毎週5労というの本当に無理なので,もし5労を望むなら現実的?なラインとして,週30時間くらいの労働になってほしい.

出社前に携帯でメールを確認すると,予定されていたミーティングがキャンセルされたとのメールが来ていた.なんでも参加者の1人が風邪をひいたとか.滞在国の社会のこういうところはとても好きだ.日本人はなんとなく,予定してしまったミーティングは病でもこなさなければいけないと考えているような雰囲気がある.

出社後はコーヒーを飲もうと思ったが,ドリップコーヒー用のマシンが洗浄中だったので,朝からエスプレッソを飲んだ.シングルで入れる砂糖は一袋(スティックシュガー).甘さも苦さも凝縮された液体が美味しい.今日は,午前も午後も音楽を聞きながらコーディングをしているだけで良かったので局所的理想労であった(大域的理想労=無労あるいは負労;負労=休んでいると給与が発生する?).しかし,夕方退勤直前になって,発表(私は発表者ではない)の図がガイドラインに沿ってないとわかりづらい*1であるとか,関係各位の部署名を調べろと言った虚無タスクが飛んできた.金曜の夕方に新たな仕事を発生させるのを禁止すべきだと思った(結局手持ちの材料でわかることだけ答えて帰った;なお同僚は15時には帰っていたのでこの件はおそらく月曜まで見ないだろう;こういうところは今いる国の美点であると思う).

帰宅後は夕食前に掃除をした.これは帰宅時点では退勤er’s highになっており疲れを忘れていたためであるが,掃除が終わったとたんに金曜夕方の肉体,精神の疲弊が急に襲ってきてダメになってしまった.具体的には19時から22時くらいまで寝てしまった.起きても夕食があるわけでは無いのでテーブルの上に放置されていたプリッツ(サラダ味)とカスタード―ケーキを食べ,コーヒーを飲んだ(食べたで統一しない記法).あまりにもひどい.

疲労が明らかであったので,読み残した『魔女の旅々3』を読み終えて寝ることにした.相変わらずとても良い.イレイナさんの斜に構えた感じがとても良い(こじらせているのでそういう主人公が好きだ).また,昔は文句なしのハッピーエンドが好きだったのだが,最近は良かれと思ってやったことがよりひどい結末を招いてしまうみたいな苦い話も割と好きで,魔女の旅々のそういった部分もかなり好んでいる.加えて言えばほのぼのとした日常の話とそういう暗い話のバランスがとてもよい.あと表紙絵のショートカットのイレイナさんはとても可愛い(大事).とても有益だった.また何か違う本を1冊挟んで,『リリエールと祈りの国』に行こうと思っている.

疲労が明らかであるため,早めに就寝(今日こそは本当に).

今日の音楽

  • BASI - 笑み(feat.EVISBEATS)
  • BASI - あなたには
  • Alfred Beach Sandal + STUTS - ABS+STUTS

*1:私からすればガイドラインに沿えばわかりやすいというロジックの方が脳が無い気がするのだが