スケールを落とした床は良く滑る

日曜日.

昨日は生きていなかったも同然なので今日は生きようと思い8時ごろ起床した.朝ごはんはレタスとハムのサンドイッチ.パンにマヨネーズとついでに練りからしも塗布することで,一味違ったものができる.おいしい.

その後は風呂場の掃除,塩酸を使ったスケール(炭酸カルシウム)落としをした.7日ぶり2回目.前回は床面の手前半分に集中して作業を行ったので,今日は奥側を中心に行うことにした.1時間くらい作業しただろうか.暑さと意外に多い運動量によってそれなりに疲れた.壁面の掃除も残ってはいるのだが,材質の違いおよび重力の作用によって水が壁面から床に落ちていくためにこちらは比較的掃除が容易なようである.

その後は包丁研ぎをした.家主の包丁なのだが雑な使い方をしている気がするし,勝手に研いでいる.ちなみに欧州では砥石というのは通常打っておらず,いわゆる金属製の棒のシャープナーを利用するようである.しかし,わたしは前々回の帰国時に持ってきた砥石を使っている.結果的になかなか切れ味が向上した.ただ,包丁研ぎという作業になれていないため,刀身の部分ごとに切れ味が違ってしまっている(刃先の方が切れ味が良かった).そんなこんなで,今日の生活は普段の生活とはやや異なるものとなったのだった.

午後は少しゲームをして,夕方に塩酸の洗い流しも兼ねてシャワーを浴びた.スケールを落とした床は良く滑る.ちなみにスケールがついている床は床本来のつるつる感が失われるだけでなく,水を弾く.なので水を弾かずにぬれている床というのが新鮮というのも不思議な感覚である.日本でも鏡の汚れなどは気になるが,床に白い跡ができるほどのスケールというのはあまり見ない.これが,水の硬度による違いなのだろう.

風呂上り後はせっかくの休みなので日本から持ってきた羊羹を食べたり,麦茶を飲んだりもした.なんとなく贅沢感のある1日である(贅沢のしきい値がひくい).

その後は夕食や,明日以降の夕食(予定)であるミートソースも作った.マッシュポテトだけだとなんとなくリッチ感に欠けたので,マッシュポテトの間にできたてのミートソース(明日以降の使用予定だったのだが)をはさんでシェパーズパイとした.芋が美味しく,ミートソースも美味しい.ウスターソースをかけても美味しい.また,今さらになって考察したのだが,しばしば冷蔵庫で保存したジャガイモが非常に甘く美味しいという経験があった.今回のマッシュポテトもそのようであるのだが,これはおそらく冷蔵庫内でじゃがいものでんぷんが糖に変化するためであると考えられる.家でもできる冷蔵庫内ジャガイモ熟成.じゃがバターやマッシュポテトが非常に美味しいのでおすすめです(誰に向けて話しているんだ…?).

夜は本を読み,絵をやった.絵の方は完成した.やりたいことはやれたのではないだろうかという気がするが,もう少しキャラに動きがあった方が良かったかなと思う.ラフ力をもう少し向上させる必要がありそうだ.

明日からはまたソースコードいじりとドキュメンテーションとディスカッションと….あまり楽しくないことは早く終わらせて休みたい(有休が足りない).