随分と身軽な旅になりそうだ

木曜日.受験日だった.

午前中は資料の最終チェックをした後に,社会人コスプレをして大学へ.

プレゼン自体はそう悪くも無かったのだが,質疑応答をしくじり,会社と自分のdisをしてしまった.その点を他ラボの教授殿からご指導いただき,やったしまったなあという気分になった(人生の大きな目標とそれに向かった前向きな理由を言うべきとのこと).実際,自分の気持ちとは別に人に見せる用の自分というものの確立が必要であるという気持ちは感じていた.しかし,それは準備できていなかったようで,また自分ネガティブ史に新たな1ページを刻んでしまった(なお,その後入る予定のラボのボス殿は会社に嫌なところ無かったら辞めないでしょ(笑)などとおっしゃっていたのだが).結果的に言えば,特に何もなく試験は合格.その後はラボでお茶を飲みながら後輩や先生達と雑談をして過ごした.

夕方からは会社の同期や元同期と4人で会い(なお1人は既に転職済み,もう2人はこれから退職をする人間である;後者の2人のうち1人は私だ),夕食を一緒に食べた.引き止めが会った話や,会社と我々は研究という言葉の意味が違うよねという話などをした.

その後は家に帰って帰りのフライトのチェックインなどをした.通路側を確保できて良かった.

結局スーツケースにはお菓子,ラーメンなどを買って詰めたがスーツなども置いていくのでまだ余裕がある.帰りは随分と身軽な旅になりそうだ.