非負性を課すべきだなと考えた

火曜日.

久々にというほどでも無いが出社した.少し足は痛かったが地面に足を着くと反射的に足を引っ込めてしまうほど痛いというわけではなかったので.それでも若干足を引きずりながらの出社.昨日の買い物が痛みのことばかり気にしていたことに比べると初夏の爽やかな風,芝刈り機で刈られた芝生から漂う緑の薫り,湖面に反射する初夏の緑など世界を気にする余裕が出てきたという感じがあった.

わざわざオフィスに行ってやることがあるかというとそれほど何があるわけでも無かったのだが,気分転換には良かった(それに何故か家で作業する方が目が疲れやすいということがわかってきた).

オフィスではちょっとテンソル分解を手直し.これを回しても良かったのだが,非負性を課すべきだなと考えた(原理的に負値というのがおかしいデータであるため)のでそのあたりのことを調べていた.データ自体に負値が含まれていなくても制約をかけないと,分解した結果は一般には負の値を含んでしまうものである.ポジティブはポジティブだけで構成されているものでは無いのだ…!

そして,滞在許可の件はなんとか解決する見込みらしいという連絡を貰った.だが,その手の専門家を雇うのに追加料金がいるとかいう話になったらしい(アドバイザーの言うことをきいて,今回のようなことになって追加料金を払うという事態,謎).そして,その費用をラボに負担していただくみたいな話が来たのでちょっと待ってそれはおかしくない?という話をした.結局素直に理由を聞いてみると,もう少し上位組織の予算に課されるべきものだったことがわかった(社内調整っぽい電話をしたとはこのことである;コミュ力を消費したが,今日は他にコミュ力消費イベントが無かったのでクリア).結局,その上位組織の偉い人は払わざるを得ないという返信をしていたので,問題は解決しそうな見込み.しかし,今週中に解決は見込めるのか,この間日本に帰国してしまうことはマズいのかなどと思いつつも今さら帰国はキャンセルできないだろうし,受験もキャンセルできないしで帰国はする予定である.

今日はやや遅い出勤かつやや早い退勤をきめて買い物に行った.帰国時のお土産を買うためだったのだが,後で確認したところ買ってきて欲しいといわれた数を満たしておらず,もう1回行かねばならないことがわかった(無).金曜日か土曜日でもいいかもしれない.

夜はプレゼンの原稿を作った.最終的には原稿を暗記するわけでは無いのだが,しゃべりながらテキストを適当に書いていくと,そのスライドで話すべきことが概ね出そろうため,このような方法を取っている.理想的には用意した原稿から言葉がズレても本筋はずれないというしゃべり方.あと余裕があれば感情がある(風を装った)しゃべり方ができると良いのだが,これは苦手だ.学生時代は先生にもっと楽しそうにしゃべってくださいとよく言われていた.

寝る前は絵をした.最近うまくいかないなぁと思っていたが,今日は少し,例のサイドテールの描き方が少しわかった気がした.久々に少し可愛いが生まれて良かった.ジャンパースカートも可愛い,と思います(また本筋からずれていく).

追記:夕飯はカレーと焼きナスでした(不要な情報)