テクニカル要素を求められるものは好き

水曜日.来客があった.

人間には間接的な関係性というものが生じることがあり,今回の来客と私の関係がそれだ.というのは,今回の来客者が1人赴任者を日本に戻すよう働きかけたため,私が帰任者の後任に指定され帰れなくなっている(ただし,会社にいる限り)という事情があるためである.ただ,そういう人事に直接の不満があるわけではないし,その人事を要請した来客者に不満があるわけでもない.とにかく研究が出来ないことそのものを嫌っているのである.そしてこの現象は“組織”という何かによって引き起こされたものであって特定の誰かに対して怒れるわけでもないという気がしている(怒るべき相手がいないことと怒っていないことは大きく異なるが).

また,今日はオフィスのコーヒーマシンの使い方を学んだ.より正確に言えば,エスプレッソマシンである.以前のオフィスにはワンボタンでドリップコーヒーやエスプレッソを淹れるマシンがあったが,新しいオフィスはいわゆるバリスタという人たちが使いそうなマニュアルのエスプレッソマシンしか無い.しかし,どちらかと言うと私はこのことを肯定的に捉えている.エンジニアリングとは相容れないのかもしれないが,こういうテクニカル要素を求められるもの(575?;求めで切れるかは微妙;私は切りたくない)は好きだ(タンピングと呼ばれるコーヒーの粉を詰めるところやミルクの泡立てにテクニカル要素がある).

午前中は来客と会議をした.その中で人間がやっていること(シングルタスク)はマシーンラーニングで簡単に置き換えできるなどという強い言葉が使われ,私はどういう顔をしたらいいのかわからなかった.まぁ,そういうことにしておきましょうか….

その後昼ごはん.今日は30分ほど早起きして昼ご飯を作ったのだった.初日から気合を入れると長続きしないことは明らかであったので,サンドイッチにした.ツナ(水に晒した玉ねぎが入っており美味しい)サンドとオレンジマーマレードジャムのサンドイッチでそれぞれ日本のものより一回り小さくかつ薄い食パンを2枚ず使った.後はリンゴを1個.結果的に言うとおもったよりお腹は膨れた.とりあえず最初は適当に食べたいものを疲れない程度に作って,その後金銭的,手間の観点から最適化をしていこうと思う.ちなみに私以外の人は天文学的価格の昼食(1250円)を食べていた.皆さんお金持ち(年齢を考えれば月収も一回り違うはずで,これは妥当であるといえる).

午後は私以外の人は客先のミーティングに行った.つかの間の平和.昨日の資料の修正をし,予算無しのお手伝い可視化タスクをやった.正直,本筋の業務よりこちらの方がまだマシという感じがあり,厳しい.

帰宅後はご飯を食べ(トンテキと肉じゃがでぶたがダブってしまった),本を読んだ.さらにその後は絵もやった.日常という感じで良い.描きなれてきたアイコン子(@jz_trunkのtwitterアイコンになっている子;名前はまだない)がだんだん好きになってきた.複数回同じキャラを描くのはLADY PEARL以外ではほとんど初めてのことだが,なかなかこれはこれで面白い.

明日は電話会議が2件.オフィスに行くと周りがうるさいが,家で2つ電話会議を済ませるとお昼になってしまい午後だけ出社するほどのやる気はあるのか(いいや,無い)という感じである.その時の気分に従って行動しようと思った.