相変わらず英語が喋れない

水曜日.

朝から電話会議.明日の発表に向けて,色々怪しげなところを突っ込んでみると,いやまぁそこが問題なのはわかってるんだけどねぇ…という感じの歯切れの悪い回答が帰ってきた.色々あるんだろうなと思ってあまり深く突っ込まないことにした.これは,まれによく見る社内の都合で作るものが予め決まってしまったタイプの案件なのではという悲しい気持ちになった.物の良さのような要素は社内都合に敗北することが知られている.とりあえず明日の発表は余計なことは言わないようにしようと思った.

午後は部署内での会議.特許執筆のあれこれを話し合った.かなり期日としては追い詰められている気がするのだが同僚もあまり焦っている様子が無くこれは一種の認知バイアスに陥っていないかと不安に思っている.思ってはいるのだが,私も明日はプレゼンがあり,あまり手伝うことができない.最低限の義務として自分のやった部分に関す図と文章を作成し,送信した.

ほとんど会議だけやって定時退勤,しかし連日の仕事持ち帰り(プレゼン練習;労働の敗北者).

帰宅後15分ほど眠りやや体力を回復,そしてご飯.ご飯写真コンテンツもはや目的がよくわからないが継続中.

その後,明日の英語プレゼンに向けて練習をする.相変わらず英語が喋れないことを確認した.あまり難しい言い回しをしないように文章を考える.プレゼンの時はちゃんと同じ文章を言えるようにするというよりは言葉がぶれても伝えることが概ね同じ範囲に収まることを目標に練習する(これが良いのかは知らないが).そして,結局練習にはそれなりの時間がかかり再び人生が失われた.返してくれ.

明日は現日本人上司の最終出社日である.しかし,プレゼンがあるため午前中は客先(現在の会社のお客ではなくて在籍元の客である)へ出張スタート.真面目な会社員なので,寝るまでもう少し練習.あまり乗り気がしないがやるしかない.そんなわけで少しはやめの日記投稿であった.おわり.