とりあえず今は耐えて金を貯める

月曜日.最近また布団の温度調整が難しくなってきている.羽毛をかければ熱いし,無いと寒いという状態.朝ごはんは例のごとくトースト2枚と紅茶.今日はなんだかミルクティーがとても美味しく感じられた.

今日は遅れずに出社.上司は一日不在で同僚がいた.相変わらず色々と調べ物.月末なので月報もざっくりと書くことにした.しかし,作業途中になぜか,なぜ自分がこんなところで働いているのだろうという気持ちになってきた.本当になぜなのだろう.心の中を隙間風が吹いている.一方で冷静に考えれば,簡単に逃げられる環境でないことも確かであり,とりあえず今は耐えて金を貯めるという感じだ(それほどたくさんの給与があるわけでもないので多寡が知れているが).

今日は眠気はそれほどでもなかったが,集中力がかなり低かった.昔から長時間一つのことに集中するのは苦手で,ついウロウロと歩き回りたくなったり,調べもの中に別のものを調べたりしてしまう.ただ,このこと自体はあまり気にしてもしょうがないし,いまは仕事のやりたくなさと一定程度のストレス以外では特に困っているわけでも無いし深く考えないことにした(不真面目).

帰宅後,今日は予定通り豚の角煮を食べた.やはりロースだと肉がみっちりで満足感はある.また,角煮だけだと食卓が寂しいと思ってナスを焼いた.ショウガと醤油で食卓に幸せが生まれた.

その後は終盤まで読みかけだった小説を読み切ってしまった.アーサー・C・クラークの『幼年期の終わり』.ゼノギアスの元ネタでもある.上位の存在のために飼われる人間というユートピア像(作品中でも決して不幸には描かれていない).そして終盤の進化と滅び.最終的にはスケールが大きすぎてハッピーエンドともバッドエンドとも取れない.いつか忘れたころにもう一度読みたい.次は何を読もうかと考えたがしばらく放置していた『漫画の神様 4』を読むことにした.完結編.ラノベともう少しお堅い本をいったりきたり.ただ,最近紙の本が欲しいという気持ちが日に日に増してきている.どうにかならないものだろうか(個人輸入の関税を払えという話だ).

寝る前までは絵のことを考えて,少し参考になりそうな画像を漁ったりしていた.前の絵の重力圏から離脱するために,早めに次をやった方がいいという気持ちがある.

それにしても今日は疲れた.明日は新しい部長(日本人ではない)と面談だ.英語を頑張って聴いたり話したりしなければならない.キビシイ….