喉元過ぎればカメラ忘れる

水曜日は1年に1回義務付けられている健康診断を受けるため,そして結果をすぐ受け取れるという条件を満たす 半日人間ドックへと行った(ところで,半日人間ドックという単語は例えばどうぶつがドックに入って半日人間になれるようにも見える). 1年半ぶりの健康診断なので,どうなるかと思ったが結果は概ね良好という感じで,良かった. ひどい体験と聞いていた胃カメラも鎮静剤と麻酔を使っていたためか,あまり記憶が無い.多分途中寝てた. 喉元過ぎればカメラ忘れる(??)という感じで,バリウムでのX線検査が検査後にトイレのことを 気にしなければいけないのと比べるとそれほど悪くないように思った.

その後は街をぶらついたりした.ついでに書店に行って主にマンガを購入した. 日本に不在だと,買う本が溜まっていく. Amazonで頼むこともできるが,私は書店で本をたくさん買ったとき紙袋にずしりと感じる本の重みが好きだ. 家に帰ってパラパラと読んでコンテンツ知識の更新を行った.

その後急にタブレットPCが欲しくなり,サーベイを行った. しかし,自分の中の評価基準が定まっていないのでどれがいいのか買うべきものがわからなかった. iPadのようなスペックも価格も高いものが思い切って買えるなら良いけれど無理なので, ① 電子書籍やpdfを読む② 絵③ゲーム(多分後ろに行くほどハイスペック)のどこまでをカバーするかが問題だ. とか考えながらこれは典型的な不要不急の品であることを思い出し,少し保留することにした.

産業医面談の問診票を記入して準備完了.特に何も無いと思うが職場が遠い. Skypeとかで頼みたい.何はともあれ,明日で会社にいくイベントは終了するはず. しかし,休みは残り1週間.2週間というのは何かをするには短すぎる. やはり完全な休暇を手に入れるためには自らのマネーとチャージした有休を放出しないとダメなのかなという気持ちがある. 週末からぼちぼち人とあう予定.