読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局,生まれないのが無難

平日.2労目.今日はメールの処理から始まった. 昨日いじっていたデータを日本の人と共有していたが,データわけわからんというメールがきたので 昨日整理したデータとその説明書きをつけて送った.私だったわかっているわけでも無いのになぜ私が前処理ばかりしているのだろう.暇人だからか.

その他にも,ヨーロッパで稼働しているソフトウェアの技術サポートのようなこともさせられており本当に謎. 思うに計算機の管理などのスキルは然るべき場所以外ではあまりアピールしない方が良いのだろうと思う. それなりにLinuxが触れたりしてしまうと気軽に頼まれてしまうし,安請け合いできるほど簡単なことばかりでもない.まして,今の土地でそういう便利キャラと認識されて帰れないというのは絶対に避けたい. 研究室でも学生がサーバー管理やるところはあるけれど,一長一短だと思う. Linuxで遊びたいなら良いけどたいてい研究は滞るし,計算機が何らかの原因で使えないとDからはちゃんとしろと暗にプレッシャーがあり, 正常に稼働していても感謝されない*1.金払って任せられるならその方が良いのではと思う.

一仕事片づけたあたりで,母親から母親が姉に対して私のちょっとした悪口を書いたメールを受信した.返信しようか悩んだけど,止めた. このメールにより私はちょっと不快になったが,これに返信するとなぜか原因である母親が怒りそうだからだ. お互いの不快感を増幅するよりは,私のちょっとの不快感で止めておいた方が良いと思った(損をする性格だ). 結局後ほど謝罪のメールを受け取ったのだが,ちょっとモヤっとしたものは残る.しかし,そのうち忘れるだろう.

実際のところ,こんなことをインターネット上に書いている時点で自分のところで止めたというよりは,脇にそらしただけかもしれない. もし仮にこの記事を読んだ人が,親を悪くいうべきではないと思っていたら(知る限りではそういう人は少なそうだけど)結局不快の連鎖は止まらない. 人は人を不快にするリスクを常に負いながら生きて行かなければならないのか.人工知能に愚痴りたい. いや,それでも人工知能が不快になることを不快に思う人が….結局,生まれないのが無難だと思った.

午後は会議がメイン.昨日いじっていたデータがいかにひどいかを上司と同僚に説明した. それでも何かやらなければいけないことは確かだが,前処理が大変ということを理解してもらえたのはよかった.

その後と帰宅後は家でカルマンフィルタを学んだ.しかし8時くらいに疲労から1時間ほど寝てしまった.そして余計に疲れが感じられた. 10時半からは少し絵をやった.ちょっと間隔があき過ぎた.日本にいるときはどうしようか悩み中. 年末年始でいろいろと気持ちが切れてしまっているのでこのあたりで仕切り直しをしたい.

帰国まであと3労.冷蔵庫の中身を気にしつつ,帰国準備.結局あまり予定は無いので行き当たりばったりな休暇になりそうだ.

*1:知り合いが言ってた!ホントだよ知り合いの話だよ