風邪が治ってきた日

今日は風邪が治ってきた1日だった.

まず,夜中に昨日の魔法がきいて熱が下がった. 否,正確には昨日の入眠前に水分を十分に摂取し,厚着して靴下を履き布団を2枚かけて寝た結果大量の発汗があった. 寝巻はびしょびしょになったが体温が平均的に1.5℃ほど下がって,回復の兆しらしきものがあった. しかし,今日は正午に上司からの電話で目が覚め,もう一日休ませてくれと言った.

午後は腰痛がひどくない限りは暖かくして部屋ですごした.また,それなりに汗もかき体温は平熱よりやや高い程度まで下がった. 咳やのどの痛みがまだあるが,明日には復帰できそうだ.しかし復帰したら労働が始まってしまうというのは悲しいことだ. 健康状態での休みが失われたので補償が欲しい.

今日寝ながらあらためて感じたが,人間は寝ながら何かをやるのに 向いた身体をしていないようだ.寝ながらアニメを見るとか本を読むというのが難しい. そして,寝続けていることでも身体に負担がかかるというのがさらに厄介である.

寝る前に絵をした.何も考えずにぐるぐるペンを動かしていったら男性を描くことになった. 男性キャラはほとんど描いたことがなくて,うまく描けない. 「今まで美少女しか描いたことないなとわかるオジサンの絵」というのは描きたくないので, オジサンはちゃんとオジサンらしく描けるようになりたい.

それにしても今年は結局2回も風邪をひいてしまった. やはり海外はストレス….