読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろなことをやる時間と気力が無かった

昨日は普段飲まないアルコールを摂取したため睡眠が浅くなり,その結果として夢をみた. 大体の内容としては,どこかの宿に宿泊し,そこで昔の知り合いが居ることに気づいたけど無視したら 出口で声をかけられるというような内容だった.日記に書くほどのことも無いのだけれど.

今日もスライドとかの準備をしつつ,ジャヴァスクリプトを書いた. 元々pythonのmatplotlibで書いていたものを移植しているのだが,何とかめどが見えた気がした. しかし虚無な労働だ.ああ,研究がしたい.

最近,私にとって研究ができているとはどういう状態なのかをもう少し詳細に定義しないといけない気がしている. 例えば,論文が投稿できるというだけなら,会社内に居ても可能性が少しはある. しかし,ある程度質の高い論文を執筆とかなると途端に厳しくなる. また,私自身結局どうすれば論文が書けるかというのが未だにわからない. どうすれば書ける?

自身の中にあるまだ勉強したいという欲求は言い換えるならば, 一人で論文を書ける力が欲しいということかもしれない. そして,今の環境でその力が身につくとは思えない(ほとんど放置されているか可視化をさせられているかでしかない).

しかし,もし仮に独力で研究を遂行し,論文を執筆する能力が (一般的な研究者は)自然に身に着くものであるならば,もう今世は才能が無かったと思って諦めるしかない. その場合特にやりたいことも無いので,後は流しで人生を送らせて欲しい(あるいは即時終わらせて欲しい).

今日はいろいろなことをやる時間と気力が無かった. 明日は人生を取り戻したい.

今日の音楽