身の回りの様々なものが壊れた

朝起きて身支度を済ませると注文していた荷物がスーパーの宅配ボックスに届いているというメールが来ていた. この国のオンラインショップ等では宅配の届け先をスーパーや,駅に設置されたロッカーにすることができる. 利用には事前登録が必要だが,宅配を受け取るためだけに在宅して有休を失うのも嫌なので,このようなサービスを使うことがある. さて,そんな訳で今日は朝から比較的気分がよかった私は鮮やかに荷物を回収しつつ出社しようと思ったのだが, いざ宅配ボックスを開けて荷物を回収すると,その荷物は鞄に入るサイズでは無かった. 仕方が無いので,荷物を持って一旦アパートまで引き返し,荷物を置いて出社することにした. なお,当然のことではあるが,結果的に出社時刻が遅れ,退出時刻を後ろにずらすことになった. この時に予感すべきだったのかもしれないが,今日はこれを皮切りに,朝の気分の良さとは裏腹に悪いことが重なっていく.

次に,荷物を置きに部屋に戻った時に気づいたのだが,セーターの肘の部分が擦り切れて穴になってしまっており, 防寒着の1つが失われた.2年くらい着ているので仕方が無いかもしれないが,これからの季節,この装備のロストは痛い. 肘当てがあれば,直すことも不可能ではないのだが,安物なのでそこまではしないだろう. ただ,代わりのセーターを買おうと思うと高い.できれば,一時帰国までは残りの服で我慢して,日本で新しいものを買いたい.

さらに,電車に乗って会社に向かう途中,靴の側面が破れてしまった.直接の原因は不明だが,これも耐久年数の問題だろうか. 幸い,こちらに関しては同じような色合いの靴を持ってきており,そちらに切り替えることで対応することにした. 私にはオシャレという概念がアイカツのアイドルたちがするものという程度の認識でしかないので,靴や服はずっと同じものを使用してしまう. 結果的に高頻度で利用される服や靴は傷みが加速し,消耗してしまうのかもしれない.

仕事の方は可もなく不可もなく(またかよ)という感じで,また新たな可視化動画を作ってしまった(こういうのやめたい). 眠気と闘いながらもなんとか定時までに仕事を終わらせ,帰宅… しようと思ったが不思議な力により最寄りのバス停までいくバスが駅に来なかった. 厳密には時間表示があと6分となっている時点からバス停で待っていたのだが,時間表示が0分になってもバスは来ず,結局その系統の次のバスの時間が30分後と 表示された.何だったのだろう.本当にあのバスは走っていたのか疑問である.仕方なく,別のバスに乗って,降りたバス停から徒歩10分ルートで帰宅することにした.

そして家に帰ってからは夕食の前に最適化の勉強をした. ここまでは良かったのだが,夕食の準備時に手がぶつかり,保存用のタッパーが落下. 破損してしまった*1

こう書いてみると単純に偶然が重なっただけだとは思うが,嫌な印象の一日であった. 身の回りの様々なものが壊れた.自分自身はどうだ?まだやって行けるだろうか. どこまで行けるかはわからないけど,日記を早く書いたのでとりあえず寝るまで絵をやる.

今日の音楽

  • Gabriel Fauré - Requiem 久々にクラシカルな音楽を聴いたが,なんかよかった.
  • Ray Bryant - Up Above The Rock チープな音のピアノって逆にカッコいいよね
  • 浜渦正志 - Piano Pieces“SF 2”Rhapsody on a Theme of SaGa FRONTIER 2 最も好きなゲーム音楽のピアノアレンジのうちの1つ.

*1:タッパーと落下とまったで韻になっている?