他の人がやるなら自分はやらなくていいや

今日は特筆して書くことが無いというか,説明したくなるほど何も無い一日だった. まず,オフィスに誰もいない.大抵は同じ部屋や隣の部屋には少なくとも人が居るのだが,今日は完全に一人だった.最高だった. 今日はやることが少なく,インプットをできたので,あまり疲労が無かった. もしかすると,普段同じ部屋に人が居てセパレートされていないところで働くこと自体にストレスを感じているのかもしれない. もし,この仮説が正しいなら職場に一人部屋が欲しい. 閉所恐怖症とかではないので,インターネットカフェみたいな程度のものでいいと思うのだが,今の会社では無理そうだ.

少し研究の事をインプットしながら感じたこととして,たくさん人がいる分野というのは活発で楽しいだろうと思う反面, これだけ人がいたら自分でやることは無いなとも思ってしまった. 自分の性格として,「しょうがないからやる」という気持ちがある. しょうがないというのは,例えば他の人がやらないとか,今はまだないとかそういうことだ. 逆に言うと,他の人がやるなら自分はやらなくていいやと感じてしまう.

しかし,現実的には自ら挙手しないとやれることなどそうそう無さそうだ. 他の人のやりたいに対して自分の場所を譲り続けたらどんどんひどい場所に行ってしまいそうだ. 「しょうがない」を求めてどこかに行かないと,楽しく生きられないのかもしれない. あまり,考えがまとまらないので,メモ程度に気持ちを残しておく.

ここで,全く話は変わるが,最近,いいと思った音楽に出会ったと思っても忘れてしまいがちだし, ジャンル分けしてリストを作ったりしてもリストのどこにあるかを忘れてしまうので日記に書いておく. 順番は適当.たぶん別の日で重複する.ここでのいいの定義はリズムや全体的な感じ(あいまい)が気に入ったということであって, 歌詞の内容とか音楽的なこととかアーティストや作曲の背景は基本的に気にしていない*1. あとジャンルがあまり整っていない.

最近日記に時間をかけすぎている.もっとサクっと文章をまとめる力が欲しい(そのための練習の場としても使っているつもりではある). 今日は早めに日記を書いたので,寝るまで勉強と絵をやります.

*1:説明できるほどわかって聞いているわけでもない