読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分にとって特別

日記

愛すべき週末であります.しかしなぜか6時前に一度起床してしまい,しかもTwitterを開いてしまい, 昨日の日記のタイトルのa575の答え合わせなどをしていた. その後二度寝して,再び起きたら9時だった.

ふだん土曜日は掃除,洗濯の日にしている.また,気が向けば少し凝った料理やお菓子作りもする. しかし,今日はやる気が無かったので適当にご飯を食べて,コーヒーを飲み,論文を読んで過ごした. まだ肝心の場所が理解できていないが,せっかくブログを始めたので機会を見て記事にでもしようと思った.

滞在国内にもまだまだ見ていない場所は色々とあるので,外出をしてもいいとは思いつつ, いざ住み始めてしまうと居住圏内でお金を使って色々見て回る気にならない. しかし,観光客で賑わっている夏が終わったので色々街中を見て回るのにはいい季節かもしれない.

夕方まで勉強していたが,空腹と疲労のため,5時から2時間ほど寝た. 起きて簡単な夕食を作った後は音楽を聞きつつインターネットを眺めていたが,急な腹痛に襲われ,良さが下がった. 自分でもよくわからないが最近Twitterへの投稿を書いては消し,書いては消している. なんとなく,その時々の発言をそのまま消さずに残しておくというのも,意志が必要であるように感じる.

日記を始めてからやろうと思っていたことだが,趣味の話をしよう. 絵は私の趣味のうちの一つだ(実際は絵というほど大したものではなくて,自分の中の良いもの(主に女の子?)を描いているつもり). 他には料理も,お菓子作りも何かを作る行為という点で共通している. 私の中では何かしらものを作ることは特別な意味をもっている. 私は自分自身を創造性が高い人間であるとは思っていないが, そんな自分が生み出した何かに自分で驚きたいというやや困難な欲求がある. 特に絵を描くという行為が好きになれたのは,自分のような(創造性の高くない)人間からも 時々自分で好きだといえるものが生まれることがあったからだと思っている. 他人からの評価とは全く別の軸として,自分の生み出したものは自分にとって特別なものであると思う.

…などと語ってはいるが,別にそれほど上手い絵をかけるわけではない.それでも,最近は絵にいいねを貰えるようになった. 絵を始めた頃からは考えられないことである.とてもうれしい. でも,いいねのために描くのはよくないと思っている.それに,自分で好きだと思えるものを作り, それを好きだと言ってもらえたとき,格別のうれしさがある.

しかし,最近はこの嬉しさが自分の首を締めていることにも気づいている. つまり,社会,主に仕事,では,自分が納得し,かつそれを好きだと言ってもらえることなど, ほとんど不可能であるように思われる. この意味で私にとって絵というのは,とても大事なものになってきている.

(人が見ていてもいなくても)趣味についての考えを述べるのは少し恥ずかしいようなかっこ悪いような気持ちがあって今まであまりやらなかった. また,これから先も同じように考えているとは限らないが,とりあえず,最近の考えはこんな感じである.