読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記というものを書いてみる

最近日記が良いという話を聞いたので,わたしも書いてみようと思った. 私は何かを始めるのは苦手だが,ある程度継続できれば,その後続ける事はそれほど苦労しないので, とりあえず数日を目安にあまり文章量を増やさないようにして書いてみる.

これを書いている時点で時刻は日曜の夜8時である. 昨年の今頃,会社からの命令で海外出向となり,1年ほど海外で暮らしている. 一応仕事もする.気が向いたらこの1年で感じた違いなども書き残しておこうと思う.

今日は『ゆらぎの森のシエラ』という小説を読み始めた,まだ序盤なので全体がよくわからないのだけど ダークファンタジー的な雰囲気を感じる.

小説を読んでいると,前提の説明を文章の中に折り込むテクニックのようなものを不思議に感じることがある. 例えば,魔法を皆が使える世界というときに,冒頭であれこれと物語の前提を説明されるのは恐らくくどいと感じるし, 読むのを止めてしまう可能性もあると思う. その時々で面白いと思わせつつ,過不足なく説明をしつつ,物語の種も仕込んでいくというのは ちょっと自分には想像のつかないテクニックだなあと思った.

これからお絵かきに挑戦し,12時頃寝ようと思う.