読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体力の回復に努めた

月曜日だったが,体調不良気味なので自宅で少し作業をしつつ体力の回復に努めた.体調不良気味なので日記も短めで.

部屋でぐだぐだしながら仕事関係の論文を読んでいたが,どうもハズレだったようだ.調査観察部分とシステム的な部分が混ざっていて非常に読みづらかったし,肝心の部分がぼかして書いてある感がすごい.途中で引き返すべきだった.論文を途中で切る力というのも重要だ.無駄な論文を読むほど時間に余裕があるわけでも無いし,何より楽しくない.自分もせめて読みづらくはない論文などをまた書けたら良いなと思うが,技術的なことをあまりやっていないので当面の間は未定.

夕飯は昨日のミートソースとか残り物を食べた.なかなか美味しかった.

夜からはルーティーンのことをやった.本を読んで絵を少し進めた.絵はちょっと後退.というのも地面の高さがおかしいことに気づいたからだ.背景を描かないことにより避けてきた問題にいま改めて向き合うことが求められているらしい.しばらく2週間くらい有休を使わずにがんばっていたので疲れてしまったのかもしれない.週5労をずっと続けるのは難しい….

知識は使わないとすぐ忘れてしまう

日曜日.8時半起床.

ご飯を食べて午前中は演習問題に取り組んだが難しかった.また,その過程でベクトル三重積のことなどを思い出したりこれは図で考えるとなどといつも通り脱線していき進捗は良く無かった.数学の諸定理など覚えていないと問題が簡単に解けるかどうかわかりづらいところがあるようなきがするのだが,知識は使わないとすぐ忘れてしまう.そして仕事――不本意ながら人生の大部分を占める――においてそのようなものの出番はなく,学んでも学んでも忘れていく.そのためにはやはり覚えやすい形で理解しなければならないとは思うが今のところ,全くできていない.

昼食を食べ,お昼過ぎからまた読書をして,3時ごろから料理を始めた.保存のきくミートソースをいつもと違うやり方で作った.いつもと違う作り方なのでいつもと少し違う味になった.家で複数回食べたものというのはその味を基準にしてしまう気がする.例えば私の作るいつものミートソースはトマトよりも肉と野菜そしてタイムなどの香辛料の味が強い.しかし今回のミートソースはトマトの酸味,小麦粉によるとろみ(これは味というよりは粘度の違い)などにより,いつものミートソースとは違うミートソースのようになった.みじん切りは大変だったが結果的に美味しくできた(煮込む前は微妙だったので不安だったが,煮込み後は味が落ち着いてよかった).折角作ったので今日食べても良かったのだが,明日食べることにした.今日は昨日のハッシュドビーフの残り物.ケチャップを大匙1加えて少しトマト味を加えたらこれもまた,美味しかった.

読み残していた『漫画の神様4』を読み終わった.4巻を通して様々な困難と闘いながら成長していく主人公たちというストーリー展開が明確でとてもさわやかな物語だった.主人公が周りから学び,周りも主人公から学びという関係性がとても素敵だと思う.そしてキャラは増えても一貫してメインヒロインがぶれなかった点も好感が持てる.ちょっとボリュームが少なかったので次は『魔女の旅々2』へ.さらにその後は未定.また少しお堅い本にもどる可能性が高い.

本を読み終わった後絵を始めた.線画はなんだかんだ平日で概ね完成していたので,最初にざっくりと色の確認だけしたあと,背景からやりはじめた.特になんと言うこともない背景だが意外な色を置くとそれっぽく見えたりと色々学ぶことは多い.前回はキャラを先に描いてしまったが,奥にあるものから始めた方が自然に確認ができると感じたのでそうした.今回の絵はどうだろう.前回ほどチャレンジングというわけでもないが,当初描こうと思ったコンセプトにはそれなりに沿っているとは思う.

休みは時間が経つのが早い.プレイしたいゲームなどもあるのだが時間がたりず手が出せない.買う予定はないがゼルダとかもとても面白そうで良いなあと眺めている.週休4日くらいになってほしいものだ.

コーヒーメーカーのポットを割ってしまった

土曜日だった.昨日は2回に分けて寝てしまったせいか,朝7時にはベッドを抜け出した.

毎週同様に掃除を済ませてネットサーフィンや読書をした.あまり読書には集中できなかったので,低進捗.最近…というわけでもないが,物事に集中して取り組むのがとても苦手だ.本を読んでいてもつい別のことに気を取られたり,脇道にそれてしまう.一定時間はそのこと以外やらないメソッドを実践しなくては….

お昼ご飯はパスタを食べ,その時にコーヒーを作ろうとしたらコーヒーメーカーのポットを割ってしまった.とても高いというものではないが,代替のグラス自体が安くないので別の製品の新品で弁償することにした.実際にこれが弁償になっているかは,後々に第三者の査定が入るのだが,不満があるならデポジットから支払われるはずなので特に問題は無いだろう.それにしても貯金をするぞというときに限ってこんなことが起こるのは悲しい.その後も今日は1日皿を落としそうになったりと危なっかしい1日だった.ストレスとか疲労とかが暗に影響していそうな気がする.

午後は昔からのインターネット知人とSkypeをした.今回の仕打ちについて話したり,私の失われた頭髪の話,鴨とアヒルがどちらもduckである話やウグイス色の鳥は実はメジロだという話などをした(つまりだいたいどうでもいいこと).今月で上司が居なくなると日本語をしゃべる機会が減りそうな予感がしている.どちらかというと日本語を聴く機会が減る方が嫌かもしれない(もともとしゃべること自体はそこまでしない).誰かと作業スカイプがしたい,といいつつ誰かに頼んだりするのができないのであった(コンテンツ性が低いので人の時間を取るのがダメっぽい).

夕方からは料理をした.バターと小麦粉を茶色くなるまで炒めてルウを作り,濃縮フォンドヴォーを薄めた液でルウを伸ばしながらドミグラスソースを作った.あめ色に炒めた玉ねぎとマッシュルーム,牛肉の薄切りを入れてそれなりに美味しくできた.今までハッシュドビーフというとトマト味がメインのものしか食べてこなかったため,この味が本格的なのかそうでないのかいまいちわからない.これはこれで美味しいという感じだ(別にどちらの方が美味しいと判断することに特に意味はないので良いのでは? ).もう2回くらい食べられそうなので味に飽きたらトマト缶とケチャップでも入れてみるのが良いかもしれない.トマトとレタスのサラダも美味しい.

夜は少しお酒を飲んでなんだかんだ家事をしているうちに1日が終わろうとしている.なぜか土曜日は時間があるのに絵が出来ていないことが多い.おそらく無意識に労働からの回復に努めてしまうのだろう.このダメージは深刻である.いろいろ明日は頑張りますというか頑張るかどうかはわからないけど楽しい一日にできるとよいなと思う.

今日の音楽

  • 松下誠 - FIRST LIGHT Love Was Really Goneがとてもいい曲だ….
  • Singin' in the Rain: Original Motion Picture Soundtrack 雨に唄えば.昔映画も見て結構ハマった.でもサウンドトラックにはタップダンスの音が入っていないのがちょっと残念.あれも含めての曲だと思う.
  • Michael Franks - The Art Of Tea エレピが聴きたかった

英語圏の人は英語が大変流暢で羨ましい

金曜日だった.疲労でフラフラだった.

労では昨日振られた資料作成タスクを片づけ,今後かかわる案件に関する論文を読んだ.なんだかんだ論文というのは情報検索のソースとしてはよい.特許文書を好む人もいるようだが,私はあれほど読みづらく,書きづらい文書もなかなか無いと思う(曖昧さを排除するためにやっているのはわかるけれど).その他週の定例会議などがあった.その時に今週とその先の予定を話しながら気づいたのだが,今月は海外と海外を2往復しなければいけないようだ.しかも今後明らかにイングリッシュスピーカーとのやり取りが増える.

英語圏の人は英語が大変流暢で羨ましい.日本語が嫌いということは無いけれど,母国語を話せるだけでグローバルスタンダードになるというのは強い.また,日本は日本語のコンテンツ,日本語の教科書などが充実してしまっており,英語を書いたり話したりする機会というのは(強い)やる気がないとなかなか無いように思われる.英語力を上げるためには(幼少期から)仕方なく英語に触れる環境を作ることではないだろうかいう気がする.その意味では私の環境は中途半端だ.街中ではローカル言語が話されているし,英語そのものを勉強することをしていないため,伸び方は極めて微妙な範囲にとどまっている(それでも英語を聴く機会は以前に比べればずっと増えたが).

帰宅後は1週間の労働の毒でフラフラだった.軽くネットサーフィンをしていたつもりが,いつの間にかベッドに行って寝ており起きたら夜の10時半だった.そのまま寝てしまってもよかったが,twitterを見たり日記を書いたりした.今週はいろいろなことがあり過ぎた.2日だけの休みだけど落ち着いた生活を取り戻したい.なお(ちゃんとした)夕食は消失しました.明日の朝はちゃんと食べよう.

疲れたのでおわり.

地に足を付けた議論をしたいねと

木曜日.今日の朝はひどく眠く,労働がしたくなかった.しかし,日本との会議があり出社した.

会議では地に足を付けた議論をしたいですねといった地に足がついていない議論が延々続いており,なるほどなあという感じだった.この関係で資料作成タスクが回ってきて,データをディープラーニングに入力すると顧客にとっての価値が出ますというような作図をした.つらい….ただ,この手の資料は相手のレベルに合わせて内容を変えるべきとは思っていて,今回の資料も技術の詳細という項目名はあるが,実際は技術の詳細を聞きたい人はいないであろうことに注意する必要がある(ように感じている).電話会議中に日本側からの音声に夜8時に流れるらしいSomeday My Prince Will Comeのサックスが混ざって聞こえてきた.残業をしていたら王子さまは来ないのではないだろうか….

会議後私の状況の進捗を聴いた.上司にぶちまけたD進したい(辞めたい)という話は一定の効果があったのかもしれない.日本側で私を帰国させて,社会人ドクターにというのを検討はしてもらえるらしい(ただ情報の確度がわからない.もう少し偉い人の意向や予算の関係で留め置かれる可能性は大いにある).とりあえずは,あまり期待を持たずに事象を見守っていく.一方で,仮にこの話が進んだとしてせっかく金を払って博士課程に行くのに半分仕事していたら意味が無いのではという思いもある.どうせやるならしっかり時間を使って,能力ちからが欲しいという思いはある.何はともあれ,これからの立ち回りとしてはこの話を使って帰国するのが賢いやり方ではあるのは確かだ.会社からしたら海外にまで行かせてドクターにまで行かせればさぞ会社に尽くしてくれると思っているのかもしれないが,それはそれこれはこれである.仕事が趣向に合わなかったらさっさと会社を変えられるくらいの力が欲しい.あと,お金はとりあえず安心できる程度にたくさんほしい.

お昼頃twitterを見ているとそろそろ就活やら卒業やらで学生が労の闇にやられていることに気づいた.個人的には毎年一定数タイムラインにもそういう人はいるが,どうか各位にとってのこれからのつらさが少なくあって欲しい.自分は結局3月31日まで研究室で何事もないかのように研究していたり,サーバーをいじっていたら社会への軟着陸に失敗した.卒業旅行に行くようなタイプではなかったし,それでもまぁまぁ楽しかった(なおその後すぐに労のダメージを受けたことにより研究室の老害と化し,研究室の論文読み会に顔を出していた.そして今も心が卒業できずにいるようなところがある).

今日は比較的早く家に帰り着いたものの,疲労からやる気がなく無駄な時間を過ごした.いつも通り調理はした.今日は余ったご飯を使ってオムライス+昨日のグラタンの残り.しかし見た目があまりにも汚い.もう料理の見栄えにも気を使わなければいけないとは思うのだが,なかなか難しい話である.

その後はいつも通り本を読んで,絵をしたがどちらも低進捗.最近習慣化はできてきているので,毎日ある程度の進捗が確保できるようになれば良いと思う.しかし無理はしない,着実に毎日続けられる範囲でやっていく.

今日の音楽

  • Miles Davis - ‘Round About Midnight 私が当時ジャズに対して持っていたジャズってこういうもの感がここに凝縮されていると言って過言ではない.
  • PSG - 寝れない!!! わたしは寝られるけどよく聞いてる

ストレスに晒されながら仕事した

水曜日.朝起きて何も状況が変わっていないことを理解し,ストレスに晒されながら仕事をした.このストレスに慣れるか,諦めるか,状況が変わるかしないと毎日ストレスフルな日々を送ることになりそうだ.

労働は特にコンテンツ性なし.

仮に自腹で帰国する場合などを想定し日本に帰る際の引っ越し料金を調べたら,日本から今の場所へ来るときで40万円くらいかかっていた.高すぎる…. 船便にすればもう少し値段は抑えられるかもしれないが.高いことには変わりない.

なお,私の状況について日本にも問い合わせをしてみたが,帰して欲しいとは言ったよという感じだった.いまいち誰の話を信じたらいいのか,結局誰の意思でことが運んでいるのかが見えない….

今日は夜も非生産的だったので,特に書くことが無い.

こういう時のために始めたわけでもないが,予定通り夕飯はポテトグラタンを作った.そこにパンを合わせるのは如何なものかと思いつつも他に選択肢が無かったので仕方がない.残ったカマンベールも過熱して食べたがこれはなかなか美味しい.上手くできた写真だけを載せるのを辞めたらなんだかダイエット中の人が毎日の食事を撮影しているのに似ている気がする.もう一品くらい作るものを増やしても良いような気はするのだが,自分はそこまでご飯をたくさん食べないのと,サイドメニューで美味しいものはたいてい主食以上にコストがかかるし,何よりも手間と時間がかかるという問題がある.

今日は1日ストレスに気を取られて人生に集中できていなかった気がする.明日はもう少しマシになることを願う(根本原因を除去できないのでマシにすることすら難しいのは確かだ).

腹を括らないといけない時がきた

火曜日.いつもよりは仕事の行きたくなさは軽度だったが,これに反して今日という一日は大波乱になることを後に知るのであった.

まずは昨日書いた月報を少しキレイにした.日記の効果か文書を書くことに対する抵抗感は以前より格段に減少している(低クオリティの文書を恥知らずにも送りつける精神力が身についただけかもしれない).今年ももう2ヶ月終わってしまったのだなあという気持ちがあった.その後は新しいマネージャー(外国人;どっちが外なのか)とSkypeでミーティング.彼とは物理的には近くない(別の国にいる).その後一人ひとりSkypeでミーティングをした.まるで就活の面接のようだった.

その隙間時間に上司がちょっと会議室で話せるかと聞いてきた.この時に私は何となく嫌な予感があった.話の内容を簡潔にまとめると今の部署(別の国にいる人も含めて)の日本人が皆*1およそ今年度末で帰国し,私だけ残るという内容であった.さらに悪いことには,後任者が来ないということ*2,私の滞在が来年の3月末まで予定されていること*3など様々な――もっとも,一つとして喜ばしい情報は無かったのだが――情報があった.

滞在の延長自体は想定していたことではある*4が,来年の春までとは思っていなかった.また,それ以外の部分に関しても話を聞いたときは呆れが最も大きい感情であったように思う.そして,会社に対して(自分なりに)真面目に貢献してもこのような仕打ちを受けるのかという失望が次に続いた.日本的大企業(今の会社は概ねそういって良かろうと思われる)の人事というのは柔軟性が無く,なおかつ既存の枠組みの中なら何をやってもいいのだろうか.正直に言えば,この赴任の話を始めて聞いた時よりも大きいダメージがあり,同時にこの滞在を安易に受けるべきでは無かったという後悔があった.

その後時間が経つにつれ,いい加減腹を括らないといけない時がきたのだという思いが湧いてきた.本来ならば,穏便に帰国して退職できればよかった.しかし,それよりも困難な状況におかれたいま,やりたいことをしたいと思った.いま言っても仕方のないことではあったが,ドクターへ行きたいと思っていること,研究がしたい(つまり今は研究をしていない)こと,そしてそのオプションとして退職もあることなど色々と話した.自分にとってそれはある種の感情の爆発であった(もっとも,しゃべりはいつもと変わらず元気が無かったが).ずっとこの会社にいるならもっと待つこともできたかもしれない.しかし,私はもうできるだけ早く状況を変えたいと思っているし,それには来年度末は遅すぎる.耐えながら金を貯めている場合ではない.もはや行動――場合によっては破壊的な――が必要なのである.あとは自らにとって最良のタイミングと,うまく話を運ぶ立ち回りが必要となる.いままで取られた分を返してもらうことにしようと思った.

色々とあったが,夕飯は作った.昨日の夕飯との差分はナスがネギに変わっただけだった.明日は少し気分転換してポテトグラタンでも作ろうと思い,ホワイトソースを食後に作っておいた.

夕飯の後は本を読み,少し絵をした.嫌なことがあった時でもいつも通りの型を実行すると心が落ち着く(いつも通りの進捗が出るわけではないが,型は大事).

明日からはとりあえず,4月以降の仕事がなんとかなるように動くつもりではあるが…,話の進み方次第では早いところやめてしまうということも選択肢にいれるべきだろうか.とりあえず今日は疲れたのでよく寝て,明日以降改めて冷静に考えることにしよう.

今日の音楽

*1:もともと数は少ない

*2:すなわち現在の場所に出向している日本人が私だけになる

*3:2年って言ったのに…

*4:想定していたとは言っても秋まで,家探しや引っ越しはもうしたくない